そもそもなぜ独立するのか?についてを考える

一般的に純金融資産が1億~5億未満の人を富裕層、5億以上の人を超富裕層と呼ぶそうです。

富裕層は95万世帯、超富裕層は5万世帯、合計100万世帯も日本にはお金持ちがいます。(注1)

人数にすると245万人だそうです。(同じく注1)

ところが、年収が1億円以上の人は、国税庁の「統計年報2014」によると1万5千人(注2)しかいません。

つまり裕福層245万人の1%未満なのです。

ここから分かることは、ほとんどの裕福層は給与所得以外で財を成しているということです。

もちろん代々財産を持っている裕福層もいると思いますが、日本の場合、3代で潰すといわれているとおり、相続税が非常に高いため、日本の裕福層は少なからず自身で財を成している人が多いのです。

社長は役員報酬という給与所得を得ます。

つまり社長になったらそれを元に億万長者になる人はほとんど居ないのです。

私も独立、起業しているので、偉そうな事は言えませんが、もしお金持ちになりたくて独立、起業を目指すのであれば、それはかなり難しいことを知っておく事と、独立、起業するならば他の目的(社内のメンバーのためetc.)を持って経営すべきです。

注1:PRESIDENT NEXT 2016.7.15号
注2:https://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/shinkokuhyohon2014/pdf/gaiyo.pdf

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*